コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

術後3日目

右目、すっかり腫れがひきましたよ。

ということで、右目の画像公開しまーす。

上まぶたにクッションになるストロー状のものがあり、これで下まぶたととじてあります。

初日は、血がまじった目やにがたくさん出ていましたが、だいぶ減りました。

2012102913.jpg

チャミは室内トイレOKなのですが、エリカラあると室内ではしないので、今は外派です。

卒わんまであと3日。

今日はハロウィーンだ~
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

術後2日目

術後2日目。

玄関で固まるチャミさん。

玄関は自動でオフになっちゃうライトなんですが、
真っ暗になっても、じっとそのまま。

でも、ちょっとひっぱってあげると、だだだーっとリビングへ。

お休み中~のチャミさん。

2012102910.jpg

右目、おみせしようかと思いましたが、
なかなかの衝撃画像なので、自粛させていただきますね~。

チャミさん、かわいい女の子ですからね。

…いや、男の子ならいい、とか、ぶさいくちゃんならいい、とかじゃないんですけども。

えーと、あえて説明するなら、
死闘を繰り広げたボクサーのお顔だと思っていただければ(^^;)

昨日よりだいぶ腫れはひいたので、
順調だと思われます。

卒わんまで、あと4日。
コンテントヘッダー

豊洲ららぽ リターンズ

ちょっと日付が遡りますが、豊洲ららぽーとではっぴーさんと、けいせつさんと、わんこわらわら、で集まった翌週、また行っちゃいました。

メンバーは違いますけどね。

お散歩には最適な場所です。

2012102906.jpg

周りにはこんな池があってメダカがいっぱい。

2012102907.jpg

そして、また来ました、同じカフェ、同じ席。

2012102905.jpg

デザートはこれっ。
2012102908.jpg

おいしくいただきました♪

チャミはおからクッキーを注文。
骨の形のかわいいクッキーです。

前の週にきたときは、残暑で参りました。
1週間たってさすがに涼しかろう、と期待したけど、また暑かった!

前回、写真ぜんぜんとれなかったから、バシバシ撮ろう~。

「暑いって言ってるでしょー!(`Д´) ムキー!」
2012102909.jpg

服、いらなかったね…。

ちなみに前回きたときはコレ。
001

暑くて帰りには脱ぎましたとさ。
コンテントヘッダー

里親会@八幡

八幡での里親会行ってきましたよ。

チャミの手術が夕方だと思っていたのですが、
朝預けてすぐに手術になったので、
10時半くらいには先生から「終わりました」の電話が。

早い、早いです。

予定よりだいぶ早く終わったので、あとは翌日のお迎え。

ってことで、フリマ物資の提供と、pinoさんのお手伝いに、
午後の里親会にでかけてきました。

会場についたら、pinoさんに声をかけてもらって、
ルルちゃんを担当しましたよ。

2012102902.jpg

ルルちゃん、立ってます!

しかも、歩きます!

しかも、小走りします!!

すごいなー。

時々、よろっとしますが、「よいしょ、よいしょ」って感じで、しっかり歩きます。
こんなに回復するものなのですね。

ルルちゃんの回復力とpinoさんのリハビリの成果ですねっ。

拡大画像

なでなでされて、こんなにリラックス。
前回の里親会同様に、最後は寝てました。

やっぱり大物です。

そして、この方も。
2012102904.jpg
くりちゃんでーすっ。

この日は、くりちゃん仮ママpinoさんは大忙し。
あっちいったり、こっちいったり。

でも、どこにいてもずっと目でおっかけてます。

あんなに人がたくさんいて、よくわかるなぁ。

動物番組でやっていた、「愛犬はいきなり変身した飼い主に気がつくのか?」ってやってみたいですね。


里親会でくり&ルルに話しかけてくれた方、来場していただいた皆様、ありがとうございました。
コンテントヘッダー

お帰り~

チャミちゃん、無事に手術を終えて帰宅しました。

頑張ったねー!!

エリカラは意外にも普通サイズ。
きれいな青でかわゆす。


「カメラ嫌いですー o( ̄^ ̄o)彡プイッ」
2012102901.jpg

エリカラに慣れていないので、固まっていることが多いのですが、
食欲はばっちり。

一安心。

今はまぶたを閉じていて、抜糸は一週間後です。

栄養たくさんつけて、回復するまで頑張ろうねっ☆

コンテントヘッダー

今日の目

今日は、秋晴れっ。

散歩には最適♪

と、思ったけど、暑かった…!

もうすぐ11月なのに~。

日陰を選んでGO!

で、サラダバー。

「美味しいですー。この、先のとがったとこがね、いい感じです」
2012102602.jpg

はいっ、行くよー。味見だけねー。

明るいから写真とろーっと。


今日の目の様子。

2012102601.jpg


あさって手術です…。

ドキドキです…。

手術が始まるのは夕方近くだと思うので、その前に八幡の里親会にお邪魔する予定です。

コンテントヘッダー

膀胱炎

お尻の炎症が落ち着いた後、膀胱炎の治療に専念して2週間。

本日、膀胱炎の完治を宣言してもらうために、採尿をして病院に行って来ました。

結果は、

「大丈夫でしょう」

耳も問題なし。

良かったー!!

これでやっと手術ができる!

本当は手術しなくてもよいのが一番なんですけど、
今できることで最善のことは義眼挿入なので、喜ばしいことかと。

手術の予約は1週間後。

2週間はまぶたを閉じておくそうです。
もちろんエリカラ装着です。

ダックスのエリカラは長いんですってね。かわいそう、ぷぷ。
チャミにとって、このうえなく邪魔くさいものと、どうやって折り合いをつけて生活するのか、じっくり観察させていただきます。

まずは手術が無事に終わること、そして順調に回復してもらうために、気合入れて取り組むぞ。


「イタイイタイはイヤですぅ~、今のうちに逃げるです~」
chami07.jpg


あ!逃走した!
コンテントヘッダー

肛門腺の炎症

義眼手術の予定をたてようかと思っていた矢先に、
チャミに異変が。

もう、とにかくお尻を気にしてずーっとなめている。

長い胴をぐいっとまげて、ずーっとなめている。

肛門腺がたまっているのかな?

シャンプーして、肛門腺をしぼってみました。
ちょっと出たけど、そんなにたまってる様子ではありません。

その後、しばらく様子をみてみたのですが、
相変わらず、なめている。

尻尾をあげて、お尻をじーっと観察してみます。

…。

…。

うわ!!

肛門のからぶわっと分泌液がでてきた!
ティッシュでとっても、湧き水のようにどんどんあふれてくる!

急いで病院へ連れて行き、診察してもらったら
右側の肛門腺に炎症が起きているとのこと。

もちろん、この炎症が治まらないと手術はできません。

すぐに、患部に注射をして、飲み薬をもらいました。

先生に、「肛門腺がたまっていたのが原因ですか」と聞いたら、

「肛門腺はたまっていません。何か他のことが原因でしょう。
炎症を起こしやすい体質かもしれませんね。」と。

そして数日後だったかな、今度は、血尿!
しかも、頻繁にトイレシートにいくものの、量はほんの少し。

こりゃ、膀胱炎だ~。

尿検査してもらったら、菌が増えてました。エコーで膀胱をみてもらったところ、ちょっと厚くなっていましたが、ひどい状態ではなく、抗生物質で治療開始となりました。

と、同時に耳の菌が元気になってしまったらしく、耳に黒いアカが増殖~。
もちろんかゆがります。

こちらも薬をもらい治療をすることに。

緑内障の悪化、肛門腺の炎症、血尿&膀胱炎、耳の細菌の増殖…が、同時に発症。

全然手術ができないじゃないですかー。

はぁ、困ったな…。

幸いにも大事には至らない症状ばかりなので、数週間の投薬だけで済みました。でも、安心はできません。体全体の免疫力が低下してるので、今回は治まっても再発や他の病気になる可能性があります。

今後の健康管理を真剣に考えねば…。

何度もお産して栄養失調状態で捨てられて、さらに放浪してたんだから、健康優良児じゃないもんね。

いろいろあって当然よ。

まずは緑内障をやっつけて、これから時間かけて抵抗力あげていこうね。


「了解ですっ!太るの頑張りますから、もっと美味しいものください♡ 」
chami00501.jpg

増量作戦は終了しました♡
コンテントヘッダー

緑内障

チャミは保護当初から右目に曇りがあり、ぶどう膜炎と診断されました。

原因は、外傷だったり全身の炎症だったりと色々みたいです。

問題なのは、ぶどう膜炎が白内障、緑内障、網膜はく離などを引きこす可能性があるということです。悪化してしまうと眼圧は上がり、痛みもひどくなります。そうなってしまうと、義眼挿入や眼球摘出などの手術をすすめられます。

幸いにもチャミは3種類の点眼で眼圧をコントロールし、はっぴーさん宅で普通の生活をしていました。その後、正式譲渡になり、あらためてうちの近くの眼科の先生にかかったところ、ぶどう膜炎ではなく、緑内障と診断されました。

はっぴーさんは頻繁に目のことで通院し、様子をみてくれていたのですが、どこかの時点で、緑内障に進行してしまったようです。

チャミの眼圧は高めで緑内障と診断されたものの、視力はあるようでした。「この状態で視力があるのは珍しい」と先生に言われました。通常は、視力がなくなり、痛みもあるらしいのです。

チャミはまだ視力があり、痛みもそれほどひどい様子ではありません。これは、良い兆候ね、とちょっと期待しつつ過ごしていました。

ところが、数週間たってから、目の状態が明らかにおかしくなっていることに気がつきました。瞳孔の周りにある虹彩がもりあがっているのです。

chami201348.jpg

カメラが写りこんでいますが、おわかりいただけますでしょうか。
真ん中の白いもやもやは、最初、細かい水滴が散らばっていて、段々とまとまってきてこうなりました。

ここ数日で悪化してしまったのか…。

義眼挿入手術のことを覚悟しつつ、病院へ向かいました。

残念ながら視力はなく、もう見えていないだろうとのことでした。眼圧も上がり、これ以上の改善も維持も難しい。

チャミを迎える前に、目のことは覚悟していました。いつか義眼挿入ということになるかもしれない。

そのこともよく理解してチャミの里親に立候補したので、悲観的になることはありませんでした。紹介された眼科の先生が、奇遇にも先代わんこがお世話になった病院だったので、なんて幸運なの~って喜んでいたくらいです。

義眼挿入といっても、丸ごと取り替えるわけではなく、中身をシリコンボールにするというものらしいです。それには角膜が正常な状態であることが大事で、角膜が傷ついてしまうと手術自体ができなくなります。

今のチャミの目は虹彩が盛り上がり、角膜を圧迫しています。そう長くは手術を先延ばしにできないでしょう。

近いうちに義眼挿入手術をしようと決めて、はっぴーさんに報告しました。

すると、手術の前にチャミに会いたい!ということで先日、約3ヶ月ぶりの再会がかなったというわけです。

そのときの詳しい様子ははっぴーさんけいせつさんのブログでどうぞ♪

楽しい再会の時間を過ごし、気持ちをあらたに手術の準備を…、のはずだったのですが、それよりも先に片付けなければいけない問題が次々とでてきました。


次回へ続く。



「先延ばし作戦成功です」
chami002.jpg


そっか、わざとなのね…orz
コンテントヘッダー

保護犬を迎えるときに

シーザーの番組で「なるほど!」と思ったこと。

保護犬を迎えるときの大事なポイントを紹介していました。

あなたに合ったエネルギーの犬を迎えること。

これって本当に大事なんです。

(保護犬にかかわって日の浅い私が言うのは大変おこがましいのですが…)

番組では、保護された犬を迎えたものの、うまくいかずに困りはてている飼い主がたくさん出てきます。

原因は、犬と飼い主のエネルギーレベルが合っていないことが多く、自分にあったエネルギーレベルの犬を選ぶのが1番重要とのこと。

たとえば、あまり体力がなく、活動的ではない人が、めちゃくちゃ元気な犬を迎えると、パワーをもてあました犬は、問題行動を起こしてしまう。

逆もまたしかりです。

ペットショップでかわいい子犬を見れば、衝動買いをしたくなります。でも、その仔犬がどんな環境で育ったのかということまで興味を持つ人は少ないはずです。

まぁ、興味をもっても、その情報を公開できるペットッショップなんてないんでしょうけど!

何も知らないままに仔犬を迎えてしまうから「こんなはずじゃなかった」といって、簡単に捨ててしまう人が後を絶たないんですね。せめてその犬種の特徴くらい知っておきましょうよ。

殺処分をされる犬猫がたくさんいる日本ですが、「預かり制度」という素晴らしいシステムがあります!

動物保護団体がセンターから犬を引き出した後、さらに預かりボランティアさんが譲渡できるまで愛情をかけてお世話をします。(私が知る限りでは、アメリカではセンターから直接迎えるのが一般的です)

ここで預かりさんによる報告で、どんな犬なのか事前に理解してから犬を迎えることができるのです。

それがどんなに素晴らしいメリットなのか、フォントを大きくして言いたい!

事前にその犬の性格、長所や注意すべきことがわかるって、めちゃめちゃすごいことなんですよぉ~

使い方も目的も何もわからない機械をポンと渡されても、やみくもにボタン押してみたり、動かないから叩いてみたり、そのうち壊したりね。

でも、説明書がついてたら安心じゃないですか。
しかもお客様相談室もあるとしたら?

いたれりつくせりですね。

私なんか、チャミを迎えてから、そのお客様相談室(はっぴーさん)に相談しまくりですよ!
お忙しいのに、いつも丁寧に対応してもらって、感謝感謝です。

さてさて、いざ保護犬の里親になろうと決めても、どの犬を選べばいいのかとっても悩みますよね~。

選ぶ基準は、可愛さだけではダメですよぉ。

自分はどのくらいの活動レベルなのかを把握して、自分と同じくらいか、やや低い活動量の犬を選ぶのがポイントです。活動レベルが合っていない場合、飼い主の努力がより求められるのは当然のことですね。

そこらへんのマッチングは、保護犬預かりさんたちの厳しい目で判断されるので、間違いはほとんどないのでしょう。

譲渡の条件は団体によって違うと思います。少なくともALMAでは誰でも簡単に里親になれるわけではありません。でも、条件が厳しいおかげで、不幸な出会いを防ぐことができるのです。

保護犬の預かりさんたちは、自分の子どもをお嫁に出す気持ちで里親さんを探しています。人間の世界でも花嫁の父から認めてもらうのは、簡単じゃありませんよね(^^)

わんこの性格と自分の環境をよ~く見極めて、里親に立候補したいものです。


なーんて、経験の浅い私が偉そうに語ってしまいました…。



「可愛いって理由でチャミを選んだって聞きましたけど?」
chami19.jpg

あ、バレてた…?(;^_^A

コンテントヘッダー

ドッグトレーナーの神様みたいな?

アメリカで人気の犬のしつけ番組「DOG WHISPERER with Cesar Millan」大好きなんですよ。

犬のしつけというより、飼い主のしつけ、なんですけどね。

バカ犬とか無駄吠えとかって時々きくけど、無駄な吠えなんてないし、犬がバカじゃなくて、飼い主がバカなのにね。

この「飼い主しつけ番組」は、毎回愛犬の問題行動で悩む飼い主がでてきて、ドッグトレーナーのシーザの手にかかるとあっとい間に問題解決!という、水戸黄門みたいなドキュメンタリー番組です。

もちろん、100%成功するわけではなく、手のほどこしようがないケースも稀にあります。でも、シーザーに出会わなければ処分されたであろう犬がたくさん登場し、穏やかな家庭犬になっていく過程はいつも感動です。

犬のしつけについては皆それぞれやり方があるので、シーザーのやり方が絶対正しいわけではないだろうけど、犬にかかわりのある人にとって学ぶことはたくさんあると思います。

ま、実際にシーザのやり方を真似してもすぐに同じような効果があるとは限らないんですけどね。必要なのは、毅然とした態度で忍耐強くトレーニングすること。

日本語タイトル「ザ カリスマドッグトレーナー~犬のきもちわかります~」
シーズン4をFOXbs238(BS放送)で放送中!

~追記~
「カリスマドッグトレーナー」はナショナルジオグラフィックチャンネルの番組です。

「チャミ、シーザー大好きっ大好きっ
201201.jpg

チャミも一緒にお勉強しましょーね。
コンテントヘッダー

こんなんなりました~

保護された当初は、ガリガリだったチャミ。
201203.jpg

なんじゃこのくびれはー!

骨と皮じゃないですか。

どのくらいの期間放浪したのかな…。
元のおうちでも十分にご飯もらっていなかっただろうに…。

11ヵ月後
2012102201.jpg

どうよっ?
こんなに太りました。はっぴーさんったら、太らせるのが本当にお上手♪

現在、4.7kgです。

良かったねぇ(ノд・。) グスン
コンテントヘッダー

管理人からのご挨拶

はじめまして。

チャミの安眠を妨げている、みそちぃと申します。

みそちぃという名前の由来は、野鳥マンガ「とりぱん」にでてくる、ミソサザイという野鳥のニックネームから拝借しました。

とにかく地味な鳥として描かれていますが、なんか愛着があって、かわいいんです。

このブログは、保護犬だったチャミの記録として始めました。
チャミは我が家の2代目。

預かりボランティアはっぴーさんのもとで愛情をたくさんもらって、
現在は、うちで一人っ子生活を満喫中です。

先代わんこは3年前に14歳でお空へ。
変性性脊髄症のため、車椅子⇒寝たきりと悪化していきました。
当時はシニア犬介護の情報があまりなく、試行錯誤の毎日でした。

201202.jpg
(迷彩服だけど)コーギーの女の子 すもも


チャミもシニアの年齢です。
保護された当時に患っていた右目のぶどう膜炎が緑内障に進行し、
今は義眼手術の準備をしています。

【2012年10月28日:義眼挿入手術済】
【2012年11月 5日:抜糸済】

右目の視力はありませんが、チャミはいたって元気。
食欲旺盛、お散歩大好きな、甘えたガールです。
テンションMAXになると、信じられない速さで部屋中を疾走します。

今はチャミしかいませんが、プチ預かり、通常の預かりも計画中。

このブログでは、わんこのことがメインです。通院の様子や、治療方法などもご紹介していきますが、素人なので説明が間違っていることがあるかもしれません。参考程度にしていただければ幸いです。

◆お礼◆
はっぴーさんをはじめ、たくさんの方のおかげで、チャミを迎えることができました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。


◆お願い◆
はっぴーさんのブログに載っていたチャミの写真が頻繁に登場します。見たことのある方は、初めてみたような新鮮な気持ちでごらんください(^^;)


「えぇ!?それってアリなのですか?」
chami05.jpg


はい、アリです!
コンテントヘッダー

チャミからのご挨拶

chami01s.jpg


はじめまして。

チャミと申します。
ミニチュアダックスのチョコタンという種類らしいです。

女の子です。

年齢?

よくわかりません。

普通は歯をみて判断するそうだけど、
チャミは歯石がいっぱいでひどい状態だったので、
はっきりしないみたいです。

推定7~8歳ですって。あらあら、そんなトシですか?
チャミはもっと若いつもりなんですけどね。

1年くらい前、突然おうちから放り出されて、
一緒に暮らしていたお友達のチヂミちゃんと、あてもなく放浪してました。

それで、放浪してたときに、
動物愛護センターというところに連れていかれました。チャミのお友達がたくさんいたんだけど、みんな悲痛な声で、「出して、出して」って叫んでいました。

みんなとっても良い子なのに、引越しとか、アレルギーとか、病気とか、うるさいとかで、飼い主さんに捨てられちゃったんですって。ほかにも話を聞けなかったけど、たくさんのお友達がいました。

なんでヒトはチャミたちを捨てるんだろうね?

そんなにひどいことしたのかな。

チャミもね、なんで、知らない場所に置いていかれたのかわかりません。でも、前にいたところではかわいがってもらえなかったし、ツライこといっぱいあったので、放り出されてよかったと思っています。

あ、それで愛護センターというとこで、優しくしてくれたヒトに連れられて、病院にいきました。そこで、あったかい手で抱っこされて、そのヒトのとこでしばらくお世話になりました。

今は、みそちぃと暮らしています。かわいがってくれるので、チャミは嬉しいです。

でも、チャミが寝てるときでも、「かわいいね、かわいいね、かわいくて食べちゃいたい♥」と言って、チャミのことを、ぱくぱくして食べようとするのでやめて欲しいです。

これから、チャミとみそちぃのこと、いろいろお話していきます。

あまり長いと、みんな退屈しちゃうので、今日はこのへんで失礼しますね。


※こちらは1番古い記事です。
次の記事は下にある、右向き▽をクリックしてくださいね。
!探しています!
◆2013年6月21日に迷子
◆大阪鶴見区
◆ダックスの女の子
◆マリーちゃん


※詳細は画像をクリック
PROFILE
里親募集中(関東近郊)
お迎え待っています
NEW!
CATEGORY
COMMENTS
全記事表示

全ての記事を表示する

リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。